取引所

日本各地のビットコイン取引所を一言で評価

投稿日:2017年6月6日 更新日:

日本には数多くのビットコイン取引所があります。そこで、当ブログ管理人はあちこちに口座を作って使いました。その感想・評価を書いてみます。

すべての取引所で口座を作ったわけではありませんので、一部はホームページを探検した評価になっています。

なお、ロゴは各社のホームページから引用しています。

 

ビットフライヤー(bitFlyer)

テレビCMを出しているだけあって、取引に参加しているユーザー数が多いです。そのため、スプレッドが狭いですし、発注数量も多いです。取引所によっては売買が活発でなくて取引が難しいと感じますが、bitFlyerの場合はその心配がありません。

また、通販も運営していて、購入額の数%くらいがビットコインで返ってきます。通常の通販ではキャッシュバックはないので、この点でお得です。

bitFlyer ホームページ

 

コインチェック(coincheck)

シンプルなホームページなので、とても使いやすいです。コインチェックもユーザー数が多く、スプレッドがとても狭いです。

コインチェックで最も特徴的な点といえば、取引可能な仮想通貨の数が多いことでしょう。イーサリアムやリップルなど、全部で10種類以上の仮想通貨の売買が可能です。海外取引所を使うのは少々怖い面もあるので、日本の取引所の方が安心感があります。

coincheck ホームページ

 

ビットポイント(BITPoint)

ビットポイントの最大の特徴は、MT4を使えることでしょう。MT4とは、FX(外国為替証拠金取引)で世界的に流通している取引ツールです。自動売買ができますし、バックテストも可能です。自分だけのインジケーターを作ることもできます。

本格的な自動売買を試したい場合、ビットポイントは有力な候補だと思います。

BITPoint ホームページ

 

ザイフ(Zaif)

ザイフの特徴は、日本発の仮想通貨モナコイン(mona)を売買できることでしょう。世界でのモナコイン取引シェアも圧倒的に大きいので、モナコインを売買したい場合はザイフで決まりでしょう。

なお、ザイフはトークンにも力を入れているという珍しい取引所です。ザイフが発行した仮想通貨「Zaif」の売買も可能です。

Zaif ホームページ

 

ビットバンク(bitbank)

ビットバンクでは、2つの取引所で売買可能です。

bitbank Trade:

bitbank Tradeで口座を作ると、香港のOKCoinで売買できます。日本株と似たルールで先物取引ができます。すなわち、レバレッジをかけて取引しても金利負担がないのがメリットです。

bitbank Trade ホームページ

bitbank.cc:

ビットバンク自ら運営する取引所です。ビットコインのほか、ライトコインやリップルの取引が可能です。日本国内の取引所で売買したい場合は、bitbank Tradeでなくbitbank.ccで取引しましょう。

bitbank.cc ホームページ

 

BTC BOX

ビットコイン取引所の老舗の一つです。サーバーが頑丈なことを売りにしています。実際のところ、他社ではサーバーが落ちてしまって取引できなかったという例が複数あります。

サーバーが落ちやすいのは、取引数量が急増したり価格が大きく跳んだりする場合などでしょう。そのような場合に取引できないのは残念です。よって、BTC BOXの頑丈さは評価できるでしょう。

BTCBOX ホームページ

 

Z.comコイン byGMO

GMOグループが、2017年5月に仮想通貨取引に参入しました。その特徴は、取引の仕組みがFX(外国為替証拠金取引)と同じだということでしょう。すなわち、相対取引です(他の多くの取引所では、ユーザー同士が売買します)。

GMOグループは、GMOクリック証券で得た経験と知識があります。取引が今後活発になるにつれて、スプレッドがどんどん狭くなっていくのでは?と期待しています。

Z.comコイン ホームページ

-取引所
-

Copyright© 仮想通貨で資産を作る! , 2017 AllRights Reserved.