無料で稼ぐ

無料配布のビットコインをもらうメリット

投稿日:

ビットコインを入手しようと思ったら、買うのが圧倒的に楽です。しかし、無料配布のビットコインをもらうメリットも、もちろんあります。

そこで、無料でビットコインをもらうメリットを考察しましょう。

 

メリット1:スキマ時間を使える

電車に乗っているとき。朝起きてすぐ。寝る前のちょっとした時間。こういった時間は1日にかなりたくさんあります。1つ1つは短い時間でも、1日全体で考えると、かなりの長時間になるかもしれません。

しかも、1円にもならない時間です。

そんな時に「カチッ」とクリックするだけで、ビットコインをもらえます。

その額はとても小さいですが、塵も積もれば山となります。しばらく経過すると、かなり貯まって来たなあ!と実感できます。

無料サイトでビットコインをもらうには、10秒とかかりません。簡単です。このブログでは紹介している無料サイトが少ないですが、優良なサイトを探して、いくつか追加したいなと考えています。

→ faucet(無料配布サイト)一覧

 

メリット2:ビットコイン価格が下落してもOK!

自分のお金でビットコインを買う場合、含み益や含み損が気になります。

含み益の場合:

・今、売った方がいいかな。それとも、もっと継続して持った方がいいかな?
・ビットコイン価格が下がってきた。含み益があるうちに売るべき?
・ビットコイン価格が上がった!さあ、どうする?

含み損の場合:

・価格が上昇してくれないかなあ・・・。
・含み損なんてつまらん!
・含み損の事実を、記憶から消そう!

含み損でも含み益でも、あれやこれやと雑念が入って疲れます。しかし、無料でビットコインをもらう場合は、このような雑念が入りにくいでしょう。

なぜなら、ビットコインはもらったものであり、買っていません。含み損益の基準となる価格がないので、含み損益の概念から解放されるからです。

ビットコイン価格は下がってもOKです。

 

メリット3:価格が下がると、もらえるビットコインが増える

ビットコイン価格が下がってもOKとは言え、やはり、価格は上がるほうが楽しいです。しかし、無料配布の場合は、少し違います。

「ビットコイン価格が下がるほうが嬉しい」ことが少なくありません。

というのは、無料配布サイトがビットコインを配布する際、配布数量はビットコイン価格を基準にして決めているからです。

すなわち、ビットコイン価格が上がれば、1回の配布数量が少なくなります。逆に、ビットコイン価格が下落すると、1回の配布数量が多くなります。

価格が下がったときには、ガッチリと無料でビットコインを確保して、将来の価格上昇を楽しみに待ちましょう。

 

メリット4:仮想通貨に興味関心が出る

ビットコインを持てば、買ったものだろうと無料でもらったものだろうと、自然とビットコインに関心が出てくるはずです。

しかし、買って持ったビットコインだと、含み損益の行方が最も大きな関心事になるでしょう。

無料配布のビットコインだったら、含み損益はとりあえず脇において、ビットコインについて純粋に興味関心を広げられると思います。

そしてある程度勉強してから、自分のお金をいくらか使ってビットコインを買えばOKです。勉強してから買うほうが、とりあえず買うという場合に比べて、損する可能性は小さいのでは?と予想できます。

 

メリット5:無料でビットコインをもらえる

そして、最後になりましたが、無料でもらえるのが最大のメリットでしょう。

ビットコインはお金ではないとはいえ、お金と同じように使えます。相場動向によっては、さらに儲かるかもしれません。そのようなビットコインをタダでもらえるのですから、最高です。

-無料で稼ぐ
-

Copyright© 仮想通貨で資産を作る! , 2017 AllRights Reserved.