ウォレット

ビットコインを安全に保管する方法(ウォレット)を考察

投稿日:

ビットコインについて検索すると、IDとパスワードを破られてビットコインを盗まれた!という嘆きの投稿がいくつも見つかります。株式投資やFX(外為FX)では、このような話を聞きません。

そこで、仮想通貨だけハッキングの話が出てくる理由を考え、そして防衛策を考察しましょう。

 

ビットコインだけハッキングが盛り上がる理由

当ブログ管理人はFX(外国為替証拠金取引)をしますし、株式も持っています。しかし、「ハッキングされて盗まれるかも?」と心配したことは一度もありません。

銀行の預金については、銀行が大きく啓蒙していることもあり、パスワードを長くしています。

知らない相手から来たメールに載っているURLをクリックしないとか、ワクチンソフトを最新にするという基本的なセキュリティも欠かせません。

しかし、仮想通貨については、基本的な対策を取っても、盗まれる危険を感じています。そうなる理由を考えてみます。

理由1:ビットコインは、どこへでも送金できる

ハッキングする側から見て、外為FXなどのサイトに侵入しても面白くないと思います。というのは、ハッキングに成功しても、侵入した口座所有者と同じ名義の銀行口座にしか出金できないからです。

自分が捕まるリスクを負っているのに1円もゲットできないのでは、ハッキングする気になれないでしょう。

一方、ビットコインは、どこへでも簡単に送金できます。

理由2:盗んだ人の追跡が難しい場合がある

ハッキングされて盗まれたとしても、誰が盗んだかが分かれば、時間はかかっても最終的に犯人を捕まえることは可能でしょう。

というのは、ビットコインアドレスから所有者を特定することは難しくても、ビットコインを現金化するときに本人がバレる可能性があるからです。ビットコインは、送金記録が全て公開されています。透明性の高い仮想通貨です。

しかし、盗んだビットコインを、送金記録の追跡さえ難しい「暗号通貨」に替えたとしましょう。暗号通貨で繰り返し送金し、最終的に現金化すれば、追跡は困難かもしれません。

ハッキングする側から見れば、外為FXよりも、ずっと魅力的でしょう。

理由3:取引所のセキュリティレベル

証券会社、銀行、FX業者は、その運営に歴史があります。すなわち、今まで数多くの攻撃に晒され、それをクリアするセキュリティを装備してきました。

これから新規に侵入しようとしても、とても難しいだろうと予想できます。

一方、ビットコイン取引所は、まだ歴史が浅いです。取引所の利益水準も十分に高くないとすれば、セキュリティに多くの資金を投入することは難しいかもしれません。現在進行形でセキュリティレベルを引き上げていることでしょう。

すなわち、侵入するスキマがあるかも?ということになります。

理由4:ユーザーの意識

「ビットコインは儲かるらしい」というだけでビットコインを買う場合、セキュリティに関する意識が低い可能性があります。

取引所各社は、二段階認証を採用するように強く推奨していますが、正直なところ面倒臭いです。よって、二段階認証を使っていないユーザーは少なくないでしょう。

すると、その分だけ侵入しやすくなります。

ビットフライヤー(bitFlyer)やコインチェック(coincheck)は、二段階認証を使っているにも関わらずハッキングで仮想通貨が盗まれた場合に、被害額を補償するサービスを展開しています。

二段階認証を使って、セキュリティレベルを引き上げたいです。

 

安全に仮想通貨を保管する方法

では、どの方法でビットコインを保管すれば安全なのかを考えてみます。

方法1:取引所に保管

取引所を完全に信用できるならば、それが最も良いです。しかし、Mt.Gox事件のように、取引所自らが犯罪をしないとも限りません。また、取引所がハッキングされてビットコインを盗まれたという例も複数あります。

取引所を100%信頼するのは、少々難しいかもしれません。

方法2:スマホやPCで保管

スマホやPCで保管するとは、すなわちインターネットに接続した状態だということです。インターネットに接続した状態の保管をホットウォレットと言います。

ハッカーから見れば、ホットウォレットのビットコインを盗みたいと思うでしょう。

というのは、インターネットに接続していないビットコインは、盗もうと思っても無理です。ホットウォレットでインターネットに接続しているから盗めます。そして、個人ができるセキュリティには限界があります。プロ集団に攻撃されたら、防げないかもしれません。

方法3:ハードウェア・ウォレットで保管

では、インターネットの外で保管しましょう!というわけで、ハードウェア・ウォレットを買って保管する方法もあります。しかし、故障したら困ります。

ハードウェアなので、故障しないと断定できません。

方法4:紙に印刷して保管

では、最後の手段(?)を使いましょう。紙にビットコインのQRコードを印刷して保管するのです。紙ですから、故障しません。

しかし、紙なので、劣化してQRコードにヒビが入ったらアウトです。紙が変色してシワシワになるかもしれませんし、破れるかもしれません。なくしたり、燃えて失われる危険もあります。

 

結論:「絶対安全な保管方法」は存在しない

以上のとおり考察すると、残念ながら、100%安全だと言える保管方法はないように見えます。では、どうしましょうか。スマホやPCのワクチンソフトを最新にするといった基本的な対策に加えて、以下の方法があるでしょう。

・ビットコインを1か所にまとめて保管しない

ハッキングに遭うときのダメージを減らすためには、一か所に集めないという方法が現実的でしょう。一か所で犯罪に遭っても、他の場所のビットコインはまだ大丈夫だということです。

-ウォレット
-,

Copyright© 仮想通貨で資産を作る! , 2017 AllRights Reserved.